アメブロから音楽教室の生徒を募集する方法【アクセス10で集客した実例付】

みなさん、こんにちは。

音楽療法士&リトミック講師の柳川まどかです。

私は音楽関連のお仕事以外に、ピアノやリトミック教室などの生徒募集方法のアドバイスをしたり、演奏活動をされている音楽家やミュージシャンの方の収入源確保についてアドバイスをしたりしています。

その中で、最近問い合わせが多いのが生徒募集に関する相談です。

一昔前までは、ネットでピアノなどの音楽教室の生徒を募集する方法として、多くの人がアメブロで生徒募集を呼びかけている印象がありましたが、最近はアメブロだけではなくInstagram、Twitter、YouTubeなど様々なSNSを駆使してみなさん生徒募集をされています。

このような時代の流れを受けてか、「アメブロで生徒募集などの集客はオワコン??」と思われる方もいるかもしれませんが、実は先日私が行っている音楽家専門コンサルの継続コースの受講生が、アメブロのアクセスが約10アクセスほどしかないにも関わらず、約1ヶ月間で新規生徒を4名集客したという連絡をいただきました。

なぜ彼女はオワコンとささやかれているアメブロで、しかもたったアクセスが10アクセスしかないのにも関わらず新規生徒を募集することができたのか。

今回は、アメブロからピアノやリトミックなどの音楽教室の生徒募集を効果的に行う方法について説明をしていきます。

今、アメブロから思うように生徒が集まらないという方は必見です。

 

アメブロからアクセス10でも新規生徒を4名募集した実例

まずは先ほど紹介した、アメブロからアクセス数が10アクセスほどしかないのに4名の新規生徒を募集した実例を紹介します。

この実例に関しては過去のブログにまとめていますので、気になるという方は先にこの方がどうやって新規生徒を募集できたのかを読んでみてください。

ブログアクセス10でも4名の新規生徒募集を実現したピアノ教室の例

 

アメブロでピアノなどの音楽教室の生徒募集をするためにはどうすればいいか

いかがでしたか??

実際にアメブロから生徒募集した例を見てみると、「私にもアメブロから生徒を集めることができるのかしら…」と思われる方もいるかもしれませんね。

そんなあなたは今、もしかすると

  • アメブロを何年も運営しているけど一回も集客できた試しがない
  • アメブロに毎日ブログを書いているけど、生徒が集まらない
  • そもそも生徒募集するにはアメブロに何を書けばいいかわからない

など、アメブロから生徒募集をするためにどうすればいいのかについて悩んでいるのかもしれませんね。

私はこれまで、フラワーアレンジメントやアロマセラピスト、英語コーチなど様々な業種で活躍する個人事業主の女性起業家に、アメブロを使った集客術をお伝えして参りましたが、アメブロ集客を実現するためには

  • クリックしてもらえるタイトルをつける
  • あなたの生徒となる人が抱えている悩みの解決策を書く
  • あなたのサービス案内をわかりやすくする

この3点を行う必要があります。

具体的にどのようなことか、説明をしていきましょう。

 

アメブロで音楽教室の生徒募集を実現する方法①クリックしてもらえるタイトルをつける

私は無料でピアノなどの音楽教室の生徒募集に使用しているSNS無料添削も行っているのですが、アメブロで生徒募集を呼びかけても生徒が集まらないという方のブログの特徴に、クリックしたくなるようなブログのタイトル付がされていないというものがあります。

多くの人がブログの内容に力を注いでいて、「○文字以上書かなければいけない」などという意識を持って書いている方も見かけたりしますが、ぶっちゃけあなたがどんなにブログの内容に力を注いだとしても、クリックしてもらえるタイトルが付けられていなければ一生読まれることはないのです。

私もこのHPで書いているブログだけではなくアメブロでもブログを書いていますが、ブログを書くときに時間をかける場所は、タイトルです。

なぜならタイトルを見て「この記事読んでみたい」「この記事面白そうだな」と思ってクリックしてもらわない限り、集客のスタート位置にも立てないということになるからです。

アメブロから生徒募集できないという方のほぼ100%が、タイトルの付け方が間違っています。

ですから、今、思うように生徒募集できないという方は、まずはタイトルの付け方を見直してみてください。

 

アメブロで音楽教室の生徒募集を実現する方法②あなたの生徒となる人が抱えている悩みの解決策を書く

では具体的にどんなブログタイトルをつければいいのかを説明する前に、まずそもそもアメブロに一体どのようなことを書けば生徒募集につながるのかについてお話をしていきます。

アメブロから生徒募集を実現したいのであれば、あなたの生徒となる人が抱えている悩みについて書くことが必須となります。

集客の基本というのは、顧客心理を知ることです。

ピアノ教室の生徒に限らず、どんなサービスのお客さんを集めるために発信することは、「ここにいけばどんな未来が手に入るのか」という未来を提示することです。

人が何かに対してお金を払うときというのは、「このサービスを受けたらこんな未来が手に入るかもしれない」「これを買えばこれまでの〇〇が解決するかもしれない」という未来を思い描けたときです。

未来を描いてお金を払うということは、その前に、今現在、何か解決したい、解消したい悩みや困りごとがあるということです。

まずはあなたの生徒となる人が一体どんな悩みや困りごとがあるのか、そこをしっかりと踏まえることが、アメブロから生徒募集を実現する第一歩となります。

アメブロから生徒募集を実現するブログ内容の例

そうは言われても、一体私のピアノ教室ではどんな悩み事を持っている人なのかわからないという方もいるかもしれません。

例えばですが、あなたのピアノ教室では障害のあるお子さんも受け入れているとします。

障害のある子供のお母さんの中には、何か子供のために習い事をさせたいけど、周りのお友達とトラブルになったらどうしようと不安を抱えている方や、習い事を教えてくれる先生が障害についてどれだけ理解があるのか不安という方もいらっしゃいます。

そんな方に向けて、障害のある子供も楽しくピアノやリトミックなどのレッスンを行うことができることや、あなた自身が障害に関する知識や勉強をしていることをアメブロを通じて発信することで、あなたのブログを見た親御さんも「この教室なら楽しみながら通うことができそう」と明るい未来を提示することにつながります。

このように、アメブロから生徒募集を実現したいのであれば

  • あなたの生徒はどんな人なのか
  • その生徒が抱えている悩みは不安はなんなのか

ここをしっかりと踏まえて発信をするように心がけましょう。

アメブロから生徒募集を効果的に導くブログタイトルの付け方

あなたの教室の生徒はどんな人なのか、そしてその人が抱えている不安や悩み事はなんなのかがしっかりと決まったら、いよいよ最初にお伝えしたブログのタイトルを考えます。

クリックしてもらえるブログタイトルは、シンプルです。

例えば

  • 〇〇が解決する方法
  • 〇〇ができるようになる方法
  • 〇〇でも上達できる練習方法

などなど、クリックする前から「この記事を読むとどんなことが書いているか」という結論が分かるようなタイトルがいいです。

実際に、このサイトのブログタイトルも、全てこのことを意識してタイトルづけしています。

今、思うようにアメブロ記事が読まれていないと感じる方は、今日からこのようなタイトルづけを意識してみてください。

 

アメブロで音楽教室の生徒募集を実現する方法②あなたのサービス案内をわかりやすくする

これは意外にも信じられない話なのですが、アメブロから生徒募集がなかなかうまく行かないという方のアメブロ添削をしていると、教室の申し込みフォームがなかったり、お月謝がいくらなのか書いていないなど、あなたの教室のサービス案内がきちんと書かれていないという方は実は多いです。

正直、お申し込みフォームがなく、@を⭐︎などに置き換えている方など見かけますが、そんなお客様に手間をかけさせるようなことをしているから、思うように生徒が集まらないんですよ、と声を大にして言いたいです。

当たり前ですが、あなたのピアノ教室やリトミック教室の生徒をアメブロから集めたいのであれば、

  • あなたの教室の対象となる人
  • どんな未来が手に入るのか
  • どんなレッスン内容なのか
  • アクセス
  • 料金
  • お申し込みフォーム

はきちんと書きましょう。

アメブロから生徒募集したいのであれば、ここをしっかり書いてからの話です。

 

あなたの今のアメブロで生徒募集ができるのか気になる方はSNS無料添削へ

今回の記事を読んで、「私の今運営しているアメブロから、果たして生徒はやってくるのか…」と不安に思った方もいるかもしれません。

そこでそんなあなたのために、お一人様一回限りでSNS無料添削を行っております。

今、思うようにアメブロから生徒募集できないという方は、ぜひご利用ください。

ピアノ・リトミック等音楽教室の生徒募集反応率アップにつながる無料SNS添削サービスのご案内

 

アメブロから音楽教室の生徒を募集する方法【アクセス10で集客した実例付】まとめ

いかがでしたでしょうか??

アメブロから生徒募集するのはオワコンと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

アメブロでもきちんと生徒募集ができるような発信を継続していけば、必ず生徒を集めることはできます。

これからあなたのアメブロに素敵な生徒がたくさん集まることを、心からお祈りしております。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。