音楽療法プログラム例~3月の高齢者集団音楽療法の実践例付〜

みなさん、こんにちは。

音楽療法士&リトミック講師の柳川まどかです。

気がつけばもうすぐ3月‼︎

3月といえば出会いと別れの季節ということで、季節を感じられる歌がたくさんありますね。

今回は、そんな3月に行う高齢者を対象とした集団音楽療法のプログラム例をご紹介いたします。

 

【3月高齢者音楽療法プログラム例】この記事を読む際にお願いしたいこと

この記事では3月の季節に沿った高齢者集団音楽療法の例をご紹介しています。

音楽療法は、対象者の目標・目的に沿って行うものです。

今回ご紹介する例はあくまでも例なので、あなたの現場で参考にする場合は目の前の対象者にあった選曲や活動内容のプログラムにすることを忘れないでください。

 

【3月高齢者音楽療法プログラム例】①始まりの歌

音楽療法を行う前に、はじまりの意識をもっていただくために始まりの歌となる歌を歌います。

私が始まりの歌となる歌を選曲する際は、

  • 歌いやすく
  • 元気が出るような

曲を選曲していました。

選曲の例としては、

  • 世界の国からこんにちは
  • 365歩のマーチ

などを選曲していました。

 

【3月高齢者音楽療法プログラム例】②日付確認

始まりの歌となる歌を歌って音楽療法活動を行う意識ができたところで、日付確認を行います。

日付を確認することは、見当識訓練にも繋がります。

見当識訓練については過去の記事に書かせていますので、こちらも合わせてご覧ください。

音楽療法で行われる現実見当識訓練とは??【音楽療法士実践例】

【3月高齢者音楽療法プログラム例】日付話題からコミュニケーションを深める

日付を確認する際は、日付の話題からコミュニケーションが深まるよう話題を提供するといいでしょう。

例えば、3月の大きなイベントとして

  • 卒業式
  • ひなまつり
  • ホワイトデー

などがあります。

このようなイベントの日やイベント前後は、「今日はホワイトデーでバレンタインデーのお返しをする日ですが、みなさんは甘いものはお好きですか??」など、イベントにまつわる話題提供をするといいでしょう。

また、3月のビックイベント以外にも365日様々な記念日があります。

毎日の記念日から話題提供するのもとても盛り上がりますので、おすすめです。

 

【3月高齢者音楽療法プログラム例】③ストレッチ

3月は冬から春への季節の変わり目なので、歌唱活動や楽器活動を行う前にストレッチをして少し体をほぐす活動を行うのもいいでしょう。

ゆっくり首を回したり、腕を伸ばしたりするだけでも、これから音楽活動を行う前の準備体操になります。

体操内容は対象者の方に合った内容になるように、心がけましょう。

【3月高齢者音楽療法プログラム例】タオルやスカーフを使ったストレッチも◎

また、対象者の方によってはタオルやスカーフなど布を使った体操もおすすめです。

実際にスカーフを使った高齢者の方向けの体操の例として、YouTubeでわかりやすく紹介されている介護エンターテイメント脳トレ介護予防研究所というチャンネルが参考になると思います。

よろしければ参考にしてみてくださいね。

また、同じチャンネルでスカーフを使った脳トレ体操も紹介されています。

よろしければ参考にしてみてください。

 

【3月高齢者音楽療法プログラム例】④季節の歌を歌唱

ストレッチをして体も温まったところで、歌唱活動を行います。

季節にあった歌を歌うことも、見当識訓練につながります。

私はいつも集団音楽療法のプログラムを行う序盤は、対象者の多くの方が歌いやすいような童謡・唱歌を選曲することが多いです。

高齢者の方を対象とする音楽療法では、童謡・唱歌だけではなく歌謡曲や最近の歌を歌うこともあります。

なぜ私がプログラムの序盤で童謡・唱歌を取り入れることが多いかというと、活動の始まりで難しい歌謡曲などを歌うよりも馴染み深い歌を歌うことで、集団音楽療法に参加しやすい環境を作ることや発声なども兼ねて歌いやすい歌を選曲することを心がけています。

ですが、この季節の歌の選曲もあなたの現場の対象者によって適切な歌などが変わると思います。

どんな曲がいいのか、目の前に対象者に合わせて選曲をすることを忘れずにしていきましょう。

【3月高齢者音楽療法プログラム例】3月におすすめな季節の歌

私が3月の季節を感じていただくことを目的・目標にした際の選曲は、どんな曲だったのか知りたいという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方のために、過去の記事に3月におすすめな季節の歌をまとめた記事を書いています。

3月の選曲の参考にしたいという方は、ぜひご覧ください。

【高齢者】3月の音楽療法人気・おすすめ歌謡曲や唱歌14選まとめ

 

【3月高齢者音楽療法プログラム例】⑤楽器活動

季節の歌を歌った後は、楽器を使った楽器をして体を動かしながら、楽器を鳴らしながら歌を歌うデュアルタスク活動を行いましょう。

デュアルタスク活動とは、二つのことを同時に行うもので、認知症予防に効果があると言われています。

デュアルタスクについて詳しく知りたいという方は、過去の記事に書かせていただきましたので、そちらも合わせてご覧ください。

高齢者の脳トレは音楽を使えば効果的!!音楽療法士が教える脳トレ方法

【3月高齢者音楽療法プログラム例】3月におすすめなデュアルタスク活動

私が3月の季節に合った曲を使ったデュアルタスクの活動の例に、【♪荒城の月】をパートに分かれてハンドベル合奏という活動があります。

【♪荒城の月】は1度、4度、5度の3つの和音で弾くことができるので、対象者の方を1度の和音チーム、4度の和音チーム、5度の和音チームにわけます。

そして歌いながら音楽療法士がどの和音チームがベルを鳴らすのか指示をしていきます。

このとき、ピアノ伴奏を付けずにできればアカペラ唱で指示をリードできればいいでしょう。

ただし、アカペラ唱を行う際の選曲はメロディがなくても歌えるような、馴染みのある歌を選曲することがポイントです。

対象者の方に合わせて、アカペラ唱にチャレンジしてみるといいでしょう。

 

【3月高齢者音楽療法プログラム例】⑥鑑賞

ここで休憩の意味も込めて、鑑賞を取り入れることがあります。

鑑賞というのは、音楽療法士による演奏を聴いていただくこと。

この鑑賞は、美的体験を目標・目的に行われます。

音楽療法士として、そして音楽家として対象者の方にとって美的体験となるような演奏を届けましょう。

【3月高齢者音楽療法プログラム例】3月におすすめな鑑賞曲

3月の時期に私がよく鑑賞の曲として選曲していた曲は

  • 贈る言葉
  • 花は咲く
  • 時代

などを選曲していました。

鑑賞に関する曲も、3月のイベントや対象者に合わせて選曲するといいでしょう。

 

【3月高齢者音楽療法プログラム例】⑦歌謡曲歌唱

鑑賞で美的体験をしていただいた後は、流行歌などの歌謡曲を歌うといいでしょう。

ここではプログラム序盤の童謡・唱歌とは異なり、流行歌や最近の曲などを選曲することが多いです。

3月の季節感を感じられる歌や、目標・目的達成につながるような曲を選曲してみてください。

【3月高齢者音楽療法プログラム例】3月におすすめな歌謡曲

3月の季節におすすめしたい高齢者の方に人気な歌謡曲については、過去のブログにまとめています。

どんな曲を選曲すればいいかわからないという方は、下記リンクよりクリックをして参考にしてください。

【高齢者】3月の音楽療法人気・おすすめ歌謡曲や唱歌14選まとめ

 

【3月高齢者音楽療法プログラム例】⑧終わりの歌

活動の最後には始まりの歌と同様、終わりの歌を歌います。

終わりの歌は

  • 今日の日はさようなら
  • 夕焼け小焼け
  • 故郷

などゆったりとした曲を選曲するといいでしょう。

 

3月以外の高齢者音楽療法のプログラム例を知りたいという方は

今回は3月の集団高齢者音楽療法のプログラム例をご紹介しましたが、他の季節のプログラム例もこのブログではご紹介しています。

他の季節のプログラム例を知りたいという方は、下記リンクより参考にしてください。

高齢者音楽療法のプログラム例はこちら

 

高齢者を対象とした音楽療法を体験したい方は

今回の記事では高齢者の方を対象とした音楽療法のプログラム例をご紹介しましたが、このブログを読んで実際に音楽療法を受けてみたいと思った方は、お気軽に出張音楽療法にお問い合わせください。

施設はもちろん、個人宅での音楽療法も実施可能です。

川崎市・横浜市・東京都内(一部)個人宅への出張音楽療法のご案内

また、対象地域外にお住まいの方はオンラインにて音楽療法を行っております。

対象地域外にお住まいの方で音楽療法を受けてみたいという方は、お気軽にお問い合わせください。

全国どこからでも受けられるオンライン音楽療法のご案内

 

音楽療法プログラム例~3月の高齢者集団音楽療法の実践例付〜まとめ

いかがでしたでしょうか??

3月は季節の変わり目ですが、そんな時期を歌を通して感じていただくのはとても素敵な時間かと思います。

季節の歌を皆さんと一緒に歌ったり聴いたりすることで、素敵な春を迎えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。