元音大生によるドラマのだめカンタービレの感想まとめ〜第二話〜

(※2020年9月26日更新)

こんにちは^^

音楽療法士&リトミック講師の柳川円です。

なんと昨日、関東県で再放送していた「のだめカンタービレ」が最終回を迎えてしまいましたね…。

「毎日の楽しみがなくなってしまった…」

「また観たい〜( ;  ; )」

という方もきっと多いでしょう。

私ものだめロスに陥っている一人です。

そんな私と同じのだめロスに陥っている方のために(?)、今日も元音大生が「のだめ カンタービレ」第二話の感想や思ったことを書いていきます^^

この記事を読んで、またまたのだめちゃんにハマっちゃいましょう♪

 

「のだめカンタービレ」再放送を見逃してしまったら

もし、「のだめカンタービレ」の再放送を見逃してしまった方は、DVDで好きな時にノーカットで見ることがおすすめ

今、DVDはまだまだ販売中ですので、のだめファンはぜひゲットしてください^^

のだめカンタービレ第二話①特別オケメンバー

二話はシュトレーゼマンのオケメンバーが発表されるシーンから始まります。

落ちこぼればかり集めるオケってすごいですね。

おそらく、私もこのおちこぼれメンバーに選ばれたことでしょう。

しかし、図書館で音楽を聴く千秋様も絵になりますね。

たくさんの女学生に見られながら図書館で過ごす千秋様ですが、実際にあったらこの女学生は間違いなく図書館から追放されるでしょう。

のだめカンタービレ第二話②転科を拒否するミルヒー

転科を谷岡先生に申し出ますが、ミルヒーに拒否される千秋様。

しかし、ミルヒーがきて数日だというのに、転科を拒否する権利があるのですね。

普通、学部長なりじゃないとここまでの権限はないかと思うのですが、さすが世界の巨匠ですね。

のだめカンタービレ第二話③オケ初顔合わせ

ミルヒーが作った特別オケのホールでの初顔合わせで、拍手ではなく足踏みをしていましたね。

私はエレクトーン専攻だったのでオケのこのような合わせに参加した経験はないのですが、なんだかホールでの合わせってワクワクしますね。

オケでのアンサンブルは未経験ですが、エレクトーンでのアンサンブルは学生時代何度もやりました。

やっぱりアンサンブルって連弾同様楽しいです。

音楽って一人で演奏するのも楽しいですが、誰かと一緒に演奏するのはもっと楽しいです。

のだめカンタービレ第二話④峰とのだめの出会い

特別オケの初回合わせは合コンになってしまいましたが、ここで合コンに参加しなかった特別オケコンマスの峰くんが登場します。

瑛太くんが演じる峰くん、めっちゃ好きでした。

かっこよさとばかっぽさがいい感じで、実は千秋様よりも好みなのはここだけの話です。

峰くんは最初、のだめちゃんを見て「かわいい♡」と言いますが、これ以降峰くんがのだめちゃんをかわいいということはないですね。

やはり変態っぷりを知ってからは、可愛いと思えなくなってしまったのでしょうか。

のだめカンタービレ第二話⑤峰にやきもち焼く千秋

のだめちゃんと峰くんの合わせによる演奏は、激しいベートーベンの「春」ですね。

合わせのあと、峰くんの実家「裏軒」にてご飯をもりもり食べるのだめちゃんを見てイライラしちゃう千秋様。

のだめちゃんが誰かのところに行くといちいちやきもちを妬いていますが、千秋様はとてつもないスーパーツンデレには間違いないでしょう。

のだめカンタービレ第二話⑥千秋様の晩ご飯

晩ご飯を食べながらベト7(ベートーベン作曲 交響曲第7番)の指揮振りを練習する千秋様。

ご飯を食べている時も練習とは、非常に熱心ですね。

音大の学校内では、ほぼ全ての教室にグランドピアノ(もしくはアップライトピアノ)があり、昼休みなどの休み時間はたくさんの学生が練習します。

「そんな教室にあるピアノで練習なんて、たくさんの人に聞かれて恥ずかしい‼︎」と思われるかもしれませんが、全くそんな空気はなく、教室で練習するもの、教室で昼ごはん食べるもの、教室で寝るものの中で練習するので、誰も聞いちゃいないのが実態です。

のだめカンタービレ第二話⑦真澄ちゃん登場

のだめちゃん同様、千秋様に恋するティンパニスト・真澄ちゃんが登場します。

最初、小出恵介くんが真澄ちゃん役をやることを知ってびっくりしましたが、いざ映像になってみるとハマり役でしたね。

のだめちゃんの小出くんは、完全に真澄ちゃんにしか見えませんでした。

さすが俳優さんです。

ちなみに真澄ちゃんのヘアスタイルですが、音大生にはあまり見られないヘアスタイルでした。

のだめカンタービレ第二話⑧千秋様Aオケ練習見学

ヴァイオリン専攻の清良に誘われて、Aオケの練習を見学する千秋様。

実際の音大でも、管弦楽専攻の方々はアンサンブルの時間があり、このように学校のホールなどで合わせ練習を行います。

この第二話では担当の先生が指揮をしていますが、このあとは先生が全く出てこなくなり、完全にシュトレーゼマンが担当に…なるけれども、シュトレーゼマンもキャバクラの同伴で来なくなるので清良がほぼ担当でしたね。

というか、このときのAオケの練習曲が「♪第九」でしたが、めっちゃ難しいのやっていない⁉︎と思ったのは、私だけでしょうか。

クリスマスコンサートに向けてこの頃から練習していたのでしょうか。

とにかく、個人的には練習している曲目が気になってしまいました。

のだめカンタービレ第二話⑨千秋様による「♪春」のレッスン

千秋様に振られたのだめちゃんと真澄ちゃん、そして峰くんが集まり、ヴァイオリンの合わせの練習をしますが、相変わらず激しい「♪春」ですね。

そしてヴァイオリンを自ら千秋様ですが、あんたそんなにヴァイオリン弾けるなら弦楽器専攻に行けよ‼︎ってレベルですね。

ピアノ科に入れるレベルのピアノ技術もあって、ヴァイオリンも弾けて、おまけにかっこよくて頭も良くて料理もできて…天はこの人に何物を与えるのでしょうか。

さらに千秋様のお家で「♪春」の演奏CDを聴きますが、私がコンクールや試験などで曲を選曲した後は、同じ曲のCDを10枚以上必ず聞いていました。

同じ楽曲でも、演奏者や指揮者によって解釈や表現が変わります。

楽譜を読み解くことがもちろんですが、演奏する前に同じ曲の様々な演奏を聴くことも大切です。

のだめカンタービレ第二話⑩のだめちゃん風邪でダウン

いよいよ峰くんの再試験当日‼︎

ですが、峰くんの伴奏者であるのだめちゃんが風邪でダウンしてしまいます。

とりあえず千秋様にお姫様抱っこされて峰くんの元に届けられますが、千秋様にお姫様抱っこされたらもうここで死んでもいいと思ってしまいそうです。

そんな変態発言は置いておいて、風邪を弾いている中で演奏は相当きついです。

本当、頭ぐわんぐわんで今どこを弾いているかわかんなくなった経験、私にもあります。

のだめちゃんを見て「伴奏は無理」と思った千秋様は、のだめちゃんの代わりに伴奏をすると言い出します。

練習してないのにいきなり伴奏できるって、誰でもできることではないので、本当にすごいですね。

この人、本当に学生ではなくもうプロレベルです。

私もそのくらいの初見力、演奏力が欲しいです。

そんな話を置いておいて、峰くんと千秋様による再試験がスタート。

演奏中、峰くんは「きてほしいときに音がくる」と言ってますが、まざに伴奏が上手な方と演奏すると、欲しいというタイミングで音がくるし、絶対大丈夫という安心感が半端ないです。

のだめカンタービレ第一話ラスト…ミルヒーのセクハラキッス

再試験後、すっかりクラシックに目覚める峰くん。

ぶっちゃけ私も、音大入学前はポピュラー音楽を弾くことが多かったのですが、大学に入ってクラシックを学んでからハマった人間です。

峰くん、気持ちすっごくわかるよ…。

そして、再度指揮科に転科したいとシュトレーゼマンに直訴しに行くのだめちゃんと千秋様ですが、ミルヒーは「のだめちゃんがキッスをしてくれたら転科を認める」と言います。

こんなこと、実際にあったら超絶セクハラ問題です。

なので、音大に入っても実際にこんなことはないのでご安心ください(笑)。

そして、このキッスの一件で千秋様がなんとオケの指揮に‼︎

ようやく三話から物語が大きく動きますね^^

見逃せない〜‼︎

 

元音大生によるドラマのだめカンタービレの感想まとめ


いかがでしたか??

第二話は、あまり学校での音楽シーンがなかったので、書くことが少なかったのですが…次の第三話からは色々書けそうです(笑)。

次回もどうぞ、お楽しみに〜♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です