音楽療法士になるには何をすればいいかまとめてみた【社会人編】

みなさん、こんにちは。

音楽療法士&リトミック講師の柳川円です。

このブログは、今現在音楽療法士を目指している方や音楽療法に興味がある方向けの情報を中心に発信をしていますが、このブログを読んでいる方の中に「いつか音楽療法士になってみたいけど、どうすれば音楽療法士になれるんだろう??」と疑問を抱いている方もいらっしゃるかもしれません。

また、音楽療法士の資格を調べてみると、様々な資格の種類があり、いったいどの資格を取ればいいのかなど色々わからないことも多いかもしれません。

そこで今回は、日本音楽療法学会の認定音楽療法士と、全国音楽療法士養成協議会音楽療法士1種の二つの音楽療法士の資格を持つ私柳川が、社会人の方が音楽療法士になるにはどうすればいいのかについてまとめてみました。

これから音楽療法士になることを考えられている社会人の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

社会人が音楽療法士になるには??

今回は、社会人の方が音楽療法士になるにはどうすればいいかについて書かせていただきますが、まず最初にお伝えしたいこととして、音楽療法士という資格は現在、民間資格となっています。

資格も様々な団体などのものがありますが、今回は音楽療法界の中でも大きな団体である、日本音楽療法学会の認定音楽療法士になるためについてまとめてみました。

 

日本音楽療法学会認定音楽療法士になるには??

最初にご紹介する日本音楽療法学会認定音楽療法学会認定音楽療法士になるためには、いったいどうすればいいのでしょうか。

日本音楽療法学会のHPを見てみると、認定音楽療法士になるためには大きく分けて二つの方法があります。

その方法というのが、

  • 認定校に通う
  • 必修講習会に参加する

の二つです。

それでは一つずつ具体的に説明していきましょう。

 

【音楽療法士になるには】認定校に通う

まず、日本音楽療法学会認定音楽療法士を目指す方法に、認定校に通うという方法があります。

認定校に通うというのは、学会が認定する学校に通い、そこで必要なカリキュラムを学びながら認定音楽療法士を目指すという方法です。

認定校は日本全国にあるので、認定校に通う方法で資格取得を目指される方は、あなたのお住まいの地域に認定校があるかどうか一度調べてみるといいでしょう。

日本音楽療法学会認定校一覧はこちら

【音楽療法士になるには】認定校から資格を目指す際の注意点

認定校に入学し、音楽療法士の資格を目指すことを検討されている方にあらかじめ知っておいてほしいことは、日本音楽療法学会のHPにも記載がありますが、認定校にて必要なカリキュラム終了すると、音楽療法士(補)試験の受験資格が得られるということ。

そう、認定校卒業と同時に自動的に認定音楽療法士の資格が得られるのではなく、カリキュラムを終了すると認定音楽療法士になるための受験資格が得られるということなのです。

実は認定校に通った場合、認定校で必要なカリキュラムを終了しただけでは認定音楽療法士になれるわけではありません。

認定校でカリキュラムを終了した後に筆記試験を受験し、これに合格すると認定音楽療法士(補)の資格が与えられます。

(補)の資格取得後、面接受験を受験ことができ、こちらにも見事合格することができれば晴れて認定音楽療法士の資格が獲得できるのです。

認定音楽療法士の資格は認定校に通っていても、取得するまでにとても時間と努力を有する資格です。

認定校の方法で資格取得を目指される方はしっかりと事前に調べておく必要があるでしょう。

詳しくは日本音楽療法学会のHPに記載されているので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

日本音楽療法学会HPはこちら

 

【音楽療法士になるには】必修講習会に参加する

先ほど紹介した認定校に通う方法ですが、認定校のほとんどが4年制の学校となっていたり、働きながら学校に通うことなどを考えると、社会人の方が通うということは現実的に難しい部分があります。

そんな認定校に通う方法が難しいという方におすすめしたいのが、必修講習会に参加して認定音楽療法士を目指すという方法です。

必修講習会というのは、学会が主催する認定音楽療法士(補)資格の試験受験のための制度のことを言います。

この必修講習会に参加すれば、認定校に通わずとも必要なカリキュラムを学ぶことができるので、認定音楽療法士を目指す社会人の方にとっては非常にありがたい制度と言えます。

【音楽療法士になるには】必修講習会終了のお知らせ

そんな社会人から認定音楽療法士を目指す人にとってありがたい制度である必修講習会ですが、なんと今年の2月にこの必修講習会が終了するということが発表されました。

突然の発表で驚いた方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、この発表には私もとても驚きました。

必修講習会は、次回行われる必修講習会第六期で最後の開催となるようなので、このブログを読んでいる方の中で必修講習会の受講を検討されていたという方は、2021年4月26日(月)が最後の講習会の申し込み期限となっているようなので、早めにお申し込みされることをおすすめいたします。

【音楽療法士になるには】必修講習会を受講するために

今回の募集で最後となる必修講習会ですが、この必修講習会に参加するためには様々な必要条件があります。

また、参加に必要な条件を満たしていても、受験前にピアノ実技および弾き歌い、音楽理論、小論文の試験に合格しなければいけません。

必修講習会に参加する方法で音楽療法士の資格を目指す方も、参加するまでに長い道のりがあるので受講を検討されている方は必要条件に当てはまっているかなどしっかりと事前にチェックしておきましょう。

必修講習会参加に必要な条件はこちら

 

【音楽療法士になるには】音楽療法士の資格の違い

ここまで、社会人の方が日本音楽療法学会認定音楽療法士の資格を取得する方法について書かせていただきましたが、認定音楽療法士以外にも音楽療法の資格はあります。

実際、認定音楽療法士とそのほかの音楽療法の資格に違いはあるのでしょうか。

この件については、過去のブログで詳しくまとめさせていただきましたので、音楽療法士の資格所違いに関して気になるという方は、ぜひそちらの記事も参考にしてください。

音楽療法士の資格の違いは??2つの資格を持つ音楽療法士がアドバイス

 

学生の方が音楽療法士になるには??

今回は、社会人の方が音楽療法士になるにはどうすればいいのかについてまとめさせていただきましたが、今現在、学生の方が音楽療法士になるにはどうすればいいかについては、過去のブログ記事にまとめさせていただきました。

今高校生や中学生の方で将来の進路に音楽療法士を検討されているという方は、下記リンクをクリックして是非参考にしてくださいね。

音楽療法士になるには何をすればいいかまとめてみた【学生編】

 

音楽療法士になるには何をすればいいかまとめてみた【社会人編】

いかがでしたでしょうか??

今回の記事では、社会人の方が認定音楽療法士になるにはどうすればいいのかについてまとめさせていただきました。

認定音楽療法士になるには、長い年月を必要としますが、資格取得するにはそれだけ深く音楽療法を学ぶ必要があるということなのでは、と私は考えます。

ぜひ、今本気で認定音楽療法士を目指したい‼︎と考えている方は、今回の記事を参考にして未来の音楽療法士になれるよう夢を実現させてくださいね‼︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です